NOTE
手帳
2015.04.13

SONY DSC

4月18日のハイクの下見で山を散策。
春の匂いがぷんぷんしておりました。
地面からただよう芽吹きの濃い緑の匂い。

小さな芽やコケや小さな生き物たちがまさに動き始めようとしている森にお邪魔虫。「週末にまた来ます。よろしくお願いします。」と別れをつげたのでした。
長い距離を歩くのではなく、森の広場まで歩いて、そこでそれぞれ散策をする予定です。春探しのガイドマップを片手に親子で春探し。
小さなお子様でも、親子で楽しめるようにと用意しております。

私も1歳の息子を連れていくつもりであります。
幼い人たちにこそ、美しいものに大いに触れて欲しいと思うのです。
お申し込みまだ受付しておりますので、お待ちしております。

以下詳細
集合時間と開催時間|10:00〜お昼過ぎまで
集合場所|旧小別沢トンネル やぎや 現地集合
料金|親子2000円
参加人数|親子6組まで

お申し込み方法|ご予約ページまたは、BROTHER SUN,SISTER MOON店頭にてお申し込みください。

※小雨の場合は決行しますが、森に入るため雨天の場合は中止の場合があります。
※長靴を履いて、外を歩ける格好でお越し下さい。
※森の中で休憩中に飲める飲み物、お弁当をご持参ください。
※会場そばのやぎやさんで食事することもできます。(1200円〜/1人)

・・・・・受付を終了しました・・・・・

2015.04.04

ichi
かっちょいい特設ページが立ち上がりましたよ!
ご予約お早めに! クリック!

・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
BROTHER SUN,SISTER MOON

「春を摘みに、親子で森へ〜春はどこからやってくる?〜」

やっと春がやってきた!
小さな小鳥たちや、やわらかい光、雪解けの音、温かな風が、春を運んできてくれます。
一緒に、春をさがしにいきませんか?
札幌西区に広がる小別沢の小さな森に春を訪ねにうかがいます。
みんなで散策をしながら、いろんな春を採取/観察します。季節は何はせずとも巡ってきます。
でも、季節をたっぷり味わうためには、季節ごとに自然の中へ分け入っていくのが一番!
親子で春満喫の小旅行へのお誘いです。

集合時間と開催時間|10:00〜お昼過ぎまで
集合場所|旧小別沢トンネル やぎや 現地集合
料金|親子2000円
参加人数|親子6組まで
お申し込み方法|ご予約ページまたは、BROTHER SUN,SISTER MOON店頭にてお申し込みください。

※小雨の場合は決行しますが、森に入るため雨天の場合は中止の場合があります。
※長靴を履いて、外を歩ける格好でお越し下さい。
※森の中で休憩中に飲める飲み物、お弁当をご持参ください。
※会場そばのやぎやさんで食事することもできます。(1200円〜/1人)

・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
妙に浮かれている深夜の店主

2015.04.03

tree01

親と子の間に、家族の中に、自給的な暮らしの「営み」。
手を動かし、心と身体を研ぎすませながら、日々の暮らしを積み重ねていく。
自分たちの手で、自分たちの望む世界を!

と、意気込んでみましたが、当店がお届けしたい贈りもののお知らせです。

「親子の住居学」編、〜ツリーキャビンのある庭づくり〜
自給の森の特別企画なのですが、「住まい/住む場所」をテーマに考えながら、
木の上に作ってみよう!という大胆な中身です。
以下詳細となりますが、みなさまのご参加お待ちしております。
一緒に森へ行きましょう。  店主

tree_ura_aoyama

http://garden-society.com/treehouse

イラスト:M/N

2014.11.17

44susu2

ふたりのF氏には幾つかの共通点がある。
まずは、自分の苗字が「F」で、相方の名前は「H」で始まるということ。
次に、お互い北国育ちで、猫好きなちょっと変わった自由な人。
そして、かなりなシャイボーイで、ぼそぼそっとしゃべること。
それより何よりもふたりは激しい天然の巻き毛だってこと。

これは数年前の「巻き毛の会」のひとこま。
この会の数週間前、左のF氏は巻き毛の蓄熱に耐えきれず、
夏を乗り切るべくみずから断髪。
不本意な形でのF氏との再会だった。
そして、つい先月は高円寺にて「巻き毛の会」。
その様子も近々レポートしたい。
この集いは年に数回開催される。
身の回りの小さな集い=GATHERING

レポーター:F イラスト:H

2014.10.13

SONY DSC

みみをひらく おとの環 ワークショップ
幼いこどもたちと「音が生まれる」ところから「音の消え去る瞬間」までを意識しながら、親子で車座に座り、耳を澄ませる。そんなワークショップとなりました。
お集り頂いた皆々様、ご参加ありがとうございました。

ブラザーサン・シスタームーンの届けたい贈りものの一つにある
「こころとからだの記憶に残る体験」の記念すべきはじめての企画でした。
そして、最初にふさわしいワークショップだったと思っています。
聞いてほしい、出会ってほしい音があったとしても、
音は箱に詰めて贈りものにすることはできませんし、言葉で伝えることも難しい。
(もし、箱詰めできるなら、そういうギフトを沢山並べたいところですが…)
親子で一緒にその時に聴く。そしてその感覚を共有すること。それが一番よい方法。
そして、その音に親子で感動すること。

「音」や「匂い」は不意に、記憶を呼び覚ますスイッチのような役割を果たすことがあります。その時に感じた過去の出来事が、音に呼び出されて事細かに立ち上ってくる。
そんな記憶のひとつの装置なのかもしれません。
感動を分かち合った音の体験が、親子のあいだに多くあること。
それは、不意に聴いた音から立ち上がってくる幸せな記憶がたくさんあるということでもあります。

そういう瞬間がたくさんありますように。
そんな願いを込めて、「みみをひらく」。
親子共々、「音に感動する」暮らし。
そのお手伝いになっていれば有り難い限り。
ありがとうございました。

店主

※ワークショップの最中の写真を取り損ねまして、冒頭の画像は本日の夕方のサウンドパフォーマンスのリハーサルの時の画像です。参加できなかった皆様に誤解のないようにいっておきますが、もちろん、こんな風にメモをとるようなワークショップではありませんでしたよ!