まねっこ ビュンビュン

馬は、身近な家畜ではなくなってしまった。農耕馬は日本にもういないんじゃないだろうか。
モンゴルでは、事情は違う。海を渡った大陸のすぐそこにある国で、人の形相もとても似ているけれど、
文化は結構違う。おおきな草原、移動しながら暮らす遊牧の文化だ。

この本の作者もモンゴルの人。彼らの作品はいつも気になってしまう。
子は親の真似をして、歩くこと、食べること、飲むことを、学び、
親は、子の遊ぶ姿を真似して、子と心を通わせる。
「真似」=「学び」。真似って双方向なんだと気がつかされる。親と子の学び合い。
生きることの喜びを分かち合う学び合い。

0.1.2.の絵本は、こういう芯に触れる絵本がいい。

文:イチンノロブ・ガンバートル 絵:バーサンスレン・ボロルマー 訳:津田紀子 出版社:福音館書店 
月刊予約絵本「こどものとも0.1.2.」通巻260号 発行:2016年11月1日

20160930/hige007/paperback


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/2/boo.jp-higebunko/web/brothersun/info/wp-content/themes/brother/single.php on line 157