きゅうりさん あぶないよ

息子とこの絵本を読むのを楽しみに、意気揚々を持っていったら、「それ保育園で読んでる」とのこと。
「えっ?!誰がこんな絵本を?」とおもわず、園の先生の顔を巡らす。絵本が好きなあの人でしょうか?

表紙では、きゅうりさんが肩掛けひとつで「おでかけ」するのです。
裏表紙では、表紙とはまるで違うきゅうりさんの石像が、、。いったい何が?!
その土台にはロシア語で「きゅうり」と書いてある。どうやら舞台はロシアのようですね。

英語のタイトルでは「BE CAREFUL CUCUMBER,OR YOU WILL BE・・・』。なるほど、こちらの方がわかりやすい。
あぶないけど、やらねばならないことがある。
そういう人には、色々な助けが降ってくる。
そういうことです。いい絵本です。

『きゅうりさん あぶないよ』スズキコージ 福音館書店 1996年9月1日
20170412/hige40